本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
ここから本文です

治療中の検査

ゼルヤンツによる治療に
かかわる主な診察項目

ゼルヤンツによる治療開始後も、安全に服用していただくために、治療の効果を調べたり、副作用を早めに発見するための検査を行います。
医師の指示にしたがって定期的に診察を受けてください。

<治療中の主な診察項目>

※表を左右にフリックしてご確認いただけます。

目的 主な項目
診察 体調、薬の効果、他の病気や副作用などの徴候がないかを調べます。
  • 痛みや腫れのある関節
  • せき、息切れなどの問診
血液検査 炎症の程度、他の病気や副作用などの徴候がないかを調べます。
  • 好中球※1、リンパ球、ヘモグロビン、コレステロール、血小板
  • 炎症の指標(CRP、血沈※2、MMP-3)
  • 腎臓の働き(クレアチニン)
  • 肝臓の働き(AST、ALT)
尿検査 他の病気や副作用などの徴候がないかを調べます。
  • 尿タンパク
  • 尿糖 など
X線検査 結核など肺の病変がみられないかを調べます。
  • 胸部X線撮影
薬の効果や関節の変化を調べます。
  • 関節のX線撮影
  • ※1 好中球:白血球のうちのひとつ。細菌感染や真菌感染に対する身体の主要な防御機構として働きます。
  • ※2 血沈:赤血球沈降速度(赤沈ともいいます。)
ここから下部共通部分です
服薬は、お医者さんの指示通りに行いましょう
気になった点は、お医者さんにご相談ください。

医師に服薬を相談する