本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
ここから本文です

特に注意すべき症状

ゼルヤンツの効果を発揮し、副作用のリスクを最小限にするためには、副作用の症状にできるだけ早く気づくことが大切です。
以下の症状に続き、重い副作用があらわれる可能性があります。
体調の変化を記録し、症状に気づいたら服用をやめ、すぐに医師に相談してください。

  • 発熱(高熱、長引く微熱など)
  • 咳、から咳
  • 息苦しい
  • のどの痛み
  • 身体がだるい
  • 痛みを伴う発疹(帯状疱疹)
  • しびれ
  • 食欲低下
  • 息切れ
  • めまい、ふらつき
  • 激しい/持続性の腹痛
  • 胃の痛み

イメージ画像

ここから下部共通部分です
服薬は、お医者さんの指示通りに行いましょう
気になった点は、お医者さんにご相談ください。

医師に服薬を相談する