本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
ここから本文です

介護保険制度

40歳以上の関節リウマチ患者さんは介護サービスを利用できます

介護保険制度は、40歳以上の国民が被保険者として加入し、介護が必要だと認定された(要介護認定を受けた)際に、介護サービスを受けることができる制度です。介護が必要な高齢者を社会全体で支えるための制度なので、40歳になると一部例外を除き、国民全員が加入する義務があります。
被保険者は年齢によって2つに分けられています。

第1号被保険者 65歳以上の方
第2号被保険者 40~64歳で医療保険(国民健康保険など)に加入している方

介護保険制度の利用は、原則として「第1号被保険者」が対象となっています。
しかし、関節リウマチは介護保険法で「特定疾病」の指定を受けていますので、要介護と認定された場合には、40歳からでも介護保険のサービスを利用することができます。

要介護認定の流れ

保険料を支払うだけでは介護サービスは利用できません。介護サービスを利用するには、まず市区町村に申請し、要介護認定を受けてからになります。

イメージ画像

ご本人、またはご家族が市区町村の窓口に申請書を提出します。認定調査員がご自宅を訪問して、どの程度の介護が必要かを調査します。また、市区町村は主治医に対して意見書の作成を依頼します。市区町村では、訪問調査の結果をもとに一次判定を行い、つぎに医師の意見書をあわせて参考にし、介護認定審査会で「要介護度」を判定します。

要介護度に応じて、さまざまなサービスが利用できます

要介護度は、「要介護1~5」、介護の必要性の低い「要支援1・2」の7段階に分かれています。
要介護と認定されると、ケアマネージャーがケアプランを作成します。利用者がそのケアプランに同意した上でサービス提供事業者と契約を交わし、サービスが開始します。
要支援の方の場合にも、「介護予防」として、通所リハビリテーションや住宅改修などの支援を受けることができます。

<介護サービスの例>

居宅サービス 訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問・通所リハビリテーション、ショートステイ など
施設サービス 介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設 など
地域密着型サービス 小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型共同生活介護 など

※介護サービスを利用する場合には、要介護度に応じて介護保険から給付される1ヵ月当たりの上限額(支給限度額)が決められています。また、利用料は原則として1割自己負担となっています。

2012年からは新たに「24時間対応の定期巡回・随時対応型サービス」、「複合型サービス」、「介護予防・日常生活支援総合事業」など、より利用者のニーズに沿ったサービスが実施されています。

お問い合わせ

お住まいの市区町村の担当窓口にお問い合わせください。

ここから下部共通部分です
服薬は、お医者さんの指示通りに行いましょう
気になった点は、お医者さんにご相談ください。

医師に服薬を相談する