本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーション部分です
ここから本文です

難病医療費助成制度出典:厚生労働省ホームページ
2016年2月時点の情報です。法改正に伴い予告なく制度が改正される場合があります。

悪性関節リウマチは
「難病医療費助成制度」の
対象疾患に指定されています

悪性関節リウマチと診断された患者さんは、治療にかかった医療費の一部または全額が公費で助成されます。
医療費の助成を受けるには、所定の手続きを行い「医療受給者証」の交付を受けることが必要です。
月額の自己負担は、所得に応じて定められた下表の自己負担上限額までとなります。

【注意】一般の「関節リウマチ」の患者さんは、難病医療費助成制度による医療費の公費助成を受けることはできません。

<自己負担上限額(月額)>

※表を左右にフリックしてご確認いただけます。

階層区分 区分の基準(市町村民税) 自己負担上限額(月額)
一般 高額難病治療継続者※1 人工呼吸器等装着者※2
生活保護世帯 0円 0円 0円
低所得I 非課税(世帯)本人収入
:~80万円
2,500円 2,500円 1,000円
低所得II 非課税(世帯)本人収入
:80万円超
5,000円 5,000円
一般所得I 課税以上7.1万円未満 10,000円 5,000円
一般所得II 7.1万円~25.1万円未満 20,000円 10,000円
上位所得 25.1万円以上 30,000円 20,000円
  • ※1:月ごとの指定難病の医療費総額が5万円を超える月が年間6回以上ある場合です。
  • ※2:人工呼吸器などを装着している方の場合は、所得に関係なく一律1,000円となります。

「医療受給者証」交付のための手続き

1
最寄りの都道府県の窓口で、交付申請書と臨床調査個人票の用紙をもらいます。
2
医師(難病指定医)に臨床調査個人票を記入してもらいます。
3
交付申請書と臨床調査個人票、世帯全員が含まれる住民票、生計中心者の所得に関する状況を確認することができる書類、保険証の写しなど、必要書類を準備します。
4
上記の必要書類を都道府県の窓口へ提出します。
5
審査が行われ、認定されると「医療受給者証」が送られてきます。

【注意】具体的な申請の手続きや「医療受給者証」が交付されるまでの期間、医療費の自己負担への助成の開始時期などは、各都道府県により異なる場合があります。

「医療受給者証」の有効期限は申請を行った日から1年間です。

引き続き助成を受けるためには更新手続きが必要です。

お問い合わせ

最寄りの都道府県の窓口にお問い合わせください。

ここから下部共通部分です
服薬は、お医者さんの指示通りに行いましょう
気になった点は、お医者さんにご相談ください。

医師に服薬を相談する