潰瘍性大腸炎の治療薬ゼルヤンツについての情報を
患者さんやご家族のみなさまへご案内いたします。

Pfizer

副作用について
ゼルヤンツであらわれる可能性のある副作用

ゼルヤンツの効果を発揮し、副作用のリスクを最小限にするためには、副作用の症状にできるだけ早く気づくことが大切です。

以下の症状に続き、重い副作用があらわれる可能性があります。

体調の変化を記録し、症状に気づいたら服用をやめ、すぐに医師に相談してください。

特に注意すべき症状

感染症
発熱(高熱、長引く微熱など)
咳、から咳
息苦しい
のどの痛み
身体がだるい
帯状疱疹
痛みを伴う発疹
しびれ
肝機能障害、B型肝炎
食欲低下
ヘモグロビン減少
息切れ
めまい、ふらつき
消化管穿孔
激しい/持続性の腹痛
胃の痛み
静脈血栓塞栓症
皮膚・唇・手足の爪が紫色になる
悪性腫瘍
長引く咳・痰/血痰/胸痛
リンパ節の腫脹
微熱/全身倦怠感
体重減少
心血管系事象
胸の痛み/圧迫感/しめつけ感/胸やけ
肩・背中・胸などの痛みが繰り返し起こる

注意すべき副作用には次のようなものがあります。
重い副作用を防ぐために、副作用についてしっかりと理解して、早めに対応できるようにすることが大切です。

    • 感染症
    • ・結核、肺炎、ニューモシスチス肺炎、敗血症、日和見感染など
    • ・帯状疱疹
    • 肝機能障害
    • 好中球減少、リンパ球減少
    • ヘモグロビン減少
    • 消化管穿孔
    • 間質性肺炎
    • 悪性腫瘍
    • B型肝炎ウイルスの再活性化
    • 心血管系事象
    • 横紋筋融解症
    • ミオパチー
    • 静脈血栓塞栓症

この他にも気になる症状があらわれた場合には、医師にご相談ください。

監修:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長 日比 紀文 先生

2022年3月 XUC47M002A

このページの先頭へ このページの先頭へ