潰瘍性大腸炎の治療薬ゼルヤンツについての情報を
患者さんやご家族のみなさまへご案内いたします。

Pfizer

指定難病における医療費助成制度

潰瘍性大腸炎は、「難病法」で定められた「指定難病」です。
医療費助成の対象となるのは、重症度が一定以上の患者さんや、軽症であっても高額な治療を継続する必要がある患者さんです。

※高額な治療の継続とは、月ごとの医療費の総額が33,330円を超える月が年間3回以上ある場合をいいます。
(例:医療保険3割負担の場合、医療費の自己負担がおよそ1万円となる月が年3回以上ある場合が該当します)

申請から医療受給者証交付の流れ

難病情報センターホームページより
(2018年4月10日現在)
http://www.nanbyou.or.jp/entry/5460#taisho

指定医療機関及び難病指定医、協力難病指定医については、お住まいの都道府県の窓口にお問い合わせください。

監修:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長 日比 紀文 先生

このページの先頭へ このページの先頭へ