潰瘍性大腸炎の治療薬ゼルヤンツについての情報を
患者さんやご家族のみなさまへご案内いたします。

Pfizer

ゼルヤンツと相互作用のある薬や食品ゼルヤンツと相互作用のある薬や食品

ゼルヤンツには、一緒に服用するときに注意が必要な薬や食品があります。
他の医療機関で診察を受ける際には、ゼルヤンツを服用していることを必ずお伝えください。
また、他の医療機関で処方された薬があれば、必ず医師にご相談ください。

ゼルヤンツを服用する時に注意が必要なお薬・食品

  • 抗生物質

    (かぜや肺炎など細菌感染症の時)
    マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシンなど)、およびノルフロキサシンなど

  • グレープフルーツ
    (ジュースも含む)

  • 抗真菌薬

    (水虫やカンジダなど真菌感染症の時)
    アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ボリコナゾールなど)、およびフルコナゾール

  • 循環器用薬

    (狭心症や高血圧、不整脈などの時)
    カルシウム拮抗剤(ジルチアゼム、ベラパミル)、アミオダロン

  • ハーブ・サプリメント

    セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

    新しくサプリメントを服用する際には、医師または薬剤師にご相談ください。

その他 :シメチジン、フルボキサミン、抗HIV剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、ネルフィナビル、サキナビル)、抗ウイルス剤(テラプレビル;C型肝炎)、抗てんかん剤(バルビツール酸誘導体、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトインなど)、リファンピシン、リファブチン、モダフィニル

監修:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長 日比 紀文 先生

このページの先頭へ このページの先頭へ