潰瘍性大腸炎の治療薬ゼルヤンツについての情報を
患者さんやご家族のみなさまへご案内いたします。

Pfizer

ゼルヤンツの服用方法ゼルヤンツの服用方法

寛解導入療法では、通常、1回2錠を1日2回で8週間服用します。なお、効果が不十分な場合にはさらに8週間服用することができます。
寛解維持療法では、通常、1回1錠を1日2回服用します。なお、寛解維持療法中に効果が弱まった患者さんでは、1回2錠に増やすことができます。また、過去の薬物治療において難治性の患者さん(TNF阻害剤が無効だった場合など)では、1回2錠を1日2回服用することができます。
患者さんの状態によって、服用量を調節することがあります。必ず医師の指示にしたがって服用してください。

指示どおりに服用しなかった場合、
重い副作用につながるおそれがあります。

ゼルヤンツ PTPシート

※写真は実物大ではありません。

服用するときに気をつけること

  • ・シートから取り出して服用してください。
  • ・コップ1杯以上の水やぬるま湯と一緒に服用してください。
  • ・グレープフルーツジュースと一緒に服用するとゼルヤンツの作用が強くなることがありますので、一緒に飲まないでください。
  • ・服用し忘れた場合、気がついた時点で1回分を服用し、翌日からは通常どおり1日2回服用してください。
    2回分をまとめて服用しないでください。
    ※ 次の服用を予定している時点まで6時間以上の間隔をあけてください。

服用中の生活で気をつけること

  • 治療開始前と比べて体調に変化がないか気をつけましょう。
  • ・気になる症状があらわれた場合には、服用をやめ、すぐに医師にご相談ください。
  • ・他の診療科や医療機関にかかる時には、医師にゼルヤンツを服用していることを必ずお伝えください。
  • 妊娠中は服用できません。
    妊娠可能な方は、投与中及び投与終了後少なくとも1月経周期は、適切な避妊を行ってください。妊娠を希望される場合にはあらかじめ医師にご相談ください。
  • 予防接種の予定がある場合には医師にご相談ください。種類によって接種できないものがあります。

服用に関して不明な点がある場合は、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

監修:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長 日比 紀文 先生

このページの先頭へ このページの先頭へ