潰瘍性大腸炎の治療薬ゼルヤンツについての情報を
患者さんやご家族のみなさまへご案内いたします。

Pfizer

治療方法は?

潰瘍性大腸炎の薬物治療では、主に「免疫システムの異常に働きかける薬」と「炎症を抑える薬」が用いられます。ゼルヤンツは、「免疫システムの異常に働きかける薬」の中のJAK阻害剤という種類の飲み薬です。また、飲み薬ではありませんが炎症を起こす白血球を血液中から取り除く血球成分除去療法を用いることもあります。

免疫システムの異常に働きかける薬

JAK阻害剤 炎症を引き起こすいろいろな種類の「炎症性サイトカイン」の働きを抑え、大腸の出血や排便回数を抑える飲み薬です。
TNF阻害剤 特定の炎症性サイトカインの働きを抑え、大腸の出血や排便回数を抑える点滴や注射の薬です。
免疫抑制薬
(カルシニューリン製剤)
異常な免疫の働きを抑え、大腸の炎症を抑える薬です。
免疫調節薬
(チオプリン製剤)
異常な免疫細胞の数を調節し、大腸の炎症を抑える薬です。

炎症を抑える薬

5-ASA(5-アミノサリチル酸)製剤 大腸の炎症を抑える薬です。多くの患者さんは、症状の改善と寛解維持を目的に服用します。
ステロイド 大腸の炎症を強力に抑える効果があります。潰瘍性大腸炎の症状が中~重症の場合、5-ASA製剤で症状が治まらない場合に使う薬で、症状によって飲み薬と注射や座薬を使い分けます。免疫システムの異常に働きかける薬で症状が治まらないときにも使用しますが、長期間使用する薬ではありません。

その他の治療法

血球成分除去療法
(LCAP、GMA)
血液を腕の静脈から体外循環させて、特殊な筒に血液を通過させることにより、特定の血液成分(主に白血球の成分)を取り除く治療法です。顆粒球・単球・リンパ球を取り除くLCAPと、顆粒球・単球を取り除くGMAがあります。

難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班(鈴木班):潰瘍性大腸炎の皆さんへ知っておきたい治療に必要な基礎知識(第2版)

監修:北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長 日比 紀文 先生

このページの先頭へ このページの先頭へ